ページの先頭です

トップページ >> 治らない坐骨神経痛のための治療
坐骨神経痛(座骨神経痛)の真実

神経の圧迫が坐骨神経痛の原因!?

坐骨神経痛の原因でよく出るキーワードとして…

椎間板ヘルニア
梨状筋症候群
脊柱管狭窄症

などなど…

ようするに筋肉やヘルニアで起きる神経の圧迫が原因で
「しびれる」
「痛む」
「重くなる」

という説ですね!
病院などでは、まずこの考え方です。

トリガーポイントの坐骨神経痛の考え方

対局としてあるのが
MPS(筋筋膜性疼痛症候群)
筋肉、筋膜が原因で痛みや痺れが出る…って考えです。
トリガーポイントの考え方がこちらです。

「神経の圧迫が原因でしびれる」
という理論に無理があるのは
多くの臨床家はとっくに気がついてるのですが…

やはり病院のレントゲン写真やMRIなどの
画像診断はとても強い印象を患者さんに与えてしまいます…
「変形してるから治らない…」

難しい話をすると
神経の圧迫=座骨神経痛などの痺れでは断じてありません!
神経の圧迫=神経の虚血(栄養障害)⇒痺れや痛みです。

この辺りの説明を文章に表すのはとても難しいのですが

「変形しているから治らない」とか
「変形しているから、椎間板の治療をしなければ治らない」
などということはありません。

坐骨神経痛‥違う角度から

長年の座骨神経痛にお悩みの方
変形している人も
長年痺れや痛みにお悩みの方も
ヘルニアの手術を検討している方も

脚ではなく
手や腕の痛みや痺れにお悩みの方
頸椎ヘルニアと言われた方
神経の出口が狭くなっていると言われた方

少し視点を変えて痺れや痛みについて考えてみませんか?

「痛み」「痺れ」に本気でお悩みの方
本気で治したい方…
ぜひ一度、ご相談下さい。

痛みや痺れ
本気で治してみませんか?